備忘録、はじめました。

作業したこと忘れないようにメモっておきます。Medium: https://medium.com/@tkyshm

Cowboyでobserverを起動するメモ

目的

軽量HTTPサーバcowboyのアプリケーションをErlangの監視ツールobserverで視覚的に監視できるようにしたい。

実施内容

  • relx.configの編集

レシピ

relx.configの作成したアプリケーション名(以下app_name)の他に、

  • wx
  • observer
  • runtime_tools

の3つを追加します。

{release, {animeeting_release, "1"}, [app_name,wx,observer,runtime_tools]}.
--省略--

上記の対処でobserverが起動できるようになります。 アプリをconsoleで起動し、下記コマンドをerlシェルで実行します。

1> observer:start().

下図みたいな感じなものが見れるようになります。

f:id:tkyshm:20150430154702p:plain

あとがき

はじめはobserver自体が起動しない状態でした。kerlでerlをインストールしていると、.kerlrcのKERL_CONFIGURE_OPTIONSに--with-wxを追加しておく必要があるみたいで、 最初はそこで躓いていました。下記、参考になったサイトです。

HOWTO: Getting wx to work with Erlang on OS X | featurebranch.com

.kerlrcの中身も晒しておきます。

 KERL_CONFIGURE_OPTIONS="--disable-debug --without-javac --enable-shared-zlib --enable-dynamic-ssl-lib --enable-hipe --enable-smp-support --enable-threads --enable-kernel-poll --with-wx"

参考URL